医療費控除 | 仙台市青葉区の歯科 ホワイトブライトデンタルオフィス

仙台駅正面徒歩30秒

医療費控除

医療費控除について

自分自身や家族のために医療費を支払った場合に、一定の金額の所得控除を受けることができます。これを医療費控除といいます。1年間に支払った医療費が 10万円以上だった場合(年収によっては10万円以下でも可)に適応され、医療費が税金の還付、軽減の対象となる制度です。自費治療でかかった費用も医療費控除の対象となり、税務署へ確定申告することで、お金が戻ります。治療費を計算する際には、費用負担軽減のためにも、ご参考にしてください。

医療費控除額

医療費控除の対象となる金額

ポイント

  • 医療費が200万円を超えた人(当てはまらない人は無視して下さい)
    医療費控除額は200万円が上限となります。

  • 加入している保険等から医療費が支払われた人
    計算の「支払った治療費」から、保険で支払われた金額を引きます。

  • その年の総所得額が200万円以下の人
    計算の「—10万円」が、総所得金額等5%の金額になります。

  • 医療費には、治療にかかった交通費も計上できます。
    遠方からお越しの方は特に、領収証の発行をお忘れにならないようお気を付けください。

  • 申告の際には治療費の領収証が必要になりますので、大切に保管しておいてください。

医療費控除の計算

年収に応じた医療費控除の還付金額を計算致しました。
年収と医療費の金額の交差する表中の金額が還付金額となります。

(単位:万円)年収
200300400500600800
医療費50
6
6
8
8
12
12
100
12.6
13.5
18
18
27
27
150
12.6
21
28
28
42
42
210
12.6
23.1
35.85
40
60
60
※扶養の配偶者・16歳以上の子なしの条件で計算しております。
※扶養の家族が増えた場合、還付金額が減る可能性がございます。
※保険料控除、寄付金控除等の控除は計算に含んでおりません。
※右表の所得税・住民税の合計額が還付の限度額となります。


年収200300400500600800
給与所得控除後
132
202
276
356
436
610
基礎控除後
84
154
228
308
388
562
所得税
4.2
7.7
13.05
21.05
34.85
69.65
所得税(税率)
5%
5%
10%
10%
20%
20%
住民税
8.4
15.4
22.8
30.8
38.8
56.2
住民税(税率)
10%
10%
10%
10%
10%
10%
所得税・住民税
12.6
23.1
35.85
51.85
73.65
125.85