口腔外科

口腔外科とは

インプラント治療に付随する治療はもちろん、親知らずの埋伏抜歯、舌や粘膜の疾患の治療、交通事故やスポーツなどの外傷、顎変形症ならびに唾液腺疾患、炎症、外傷、顎関節症等、外科的処置を伴うさまざまな疾患の治療を行います。症例によっては大学病院等の専門機関を御紹介致します。

主な治療内容

[1] 炎症

親知らずの周囲の感染、むし歯による根の先の化膿による急性化等により、頬が腫れて顔が非対称になるようなやや重い炎症を扱います。抗生剤により、炎症を鎮めた後、原因歯の治療を行います(抜歯、根の治療等)。炎症の状態はおおまかに下記に分類されます。

  頬の腫脹 発熱 開口障害 治療
軽度 なし なし なし 抗生剤内服
中等度 限局的に膨らむ あり37℃台 出ることが多い 抗生剤内服または点滴
重度 末広がりの膨らみ あり38℃台 著明 入院による消炎

[2] のう胞

からだのなかに形成された病的な袋状のものを嚢胞(のうほう)といいます。進行したむし歯が原因で根の先(の骨の中)にできるのが、最も一般的です。炎症の原因ともなり、腫れてから来院されることが多いですが、自覚症状がないこともあります。治療は、歯肉を切り病変を摘出します(大きいのう胞の場合は開窓にします)。歯の状態によっては原因歯を抜歯することがあり、大きい(顎の骨の中で広がっている)ときは、入院による治療が必要になります。

[3] 顎関節症

顎関節症イメージ口を開けると、痛い、または雑音が鳴る等の症状がみられます。口を開けたり閉めたりするとき以外は痛みがないのが特徴です。大きく分けると①筋肉由来と関節およびその周囲組織由来と、②骨の形(進行例)に分けられます。手術はおこなわず、「スプリント」というマウスピースを作成し改善していくことが多いです。(痛みに比べ、雑音は改善しにくい傾向があります。)

[4] 外傷

転倒や衝突、殴打などによる歯の破折、脱臼により歯が動く、歯茎の周りからの出血等があります。

歯が欠けている場合
  • 歯の先だけ折れているとき…詰め物の(または冠を被せる)治療をします
  • 歯の真ん中で折れているとき…神経を抜いて、冠を被せる治療をします
  • 根っこが折れているとき…神経を抜いて冠を被せる(または歯を抜く)治療を行います
歯が抜け落ちた場合

歯が衝撃で取れてしまったときは、できるだけ早く抜けたところに戻し、固定する治療を行います。歯が生着するかどうかは、抜けたときの状況(場所、治療までの時間)で異なります。
※抜けた歯は、牛乳もしくは生理食塩水につけて持参してください。顎の骨が折れているときは入院による治療(顎間固定または手術)が必要となります。

[5] 粘膜疾患

形態、症状により診断、治療を行います。

【口内炎】

症状:表面白色平坦、境界明瞭、接触痛強い
治療内容:塗薬

【粘膜嚢胞】

症状:表面粘膜色、やや膨隆、接触痛なし
治療内容:摘出

【扁平苔癬】

症状:表面白斑状、接触痛少しあり、治りにくいが形状不変
治療内容:清掃指導、金属アレルギー検査。

治りにくいもの、形が変わるものは、粘膜を切り取って顕微鏡検査を行います。

[6] 睡眠時無呼吸症候群

睡眠時無呼吸症候群イメージ睡眠時無呼吸症候群(Sleep Apnea Syndrome)は、眠っている間に呼吸が止まる病気です。「いびき」を伴う不眠による、頭痛、倦怠、集中力減退、等が主な症状です。睡眠時のモニタリングにより、重症度を診断します。軽度の場合、内科の先生と相談の上(睡眠中、下顎を前に出す)、スリープスプリントを作製します。


[7] インプラント治療

インプラント治療イメージ歯を虫歯や歯周病、外傷などで失った場合に、義歯が簡単には外れてこないように、骨に直接維持を求めた人工の歯(人工歯根)のことを言います。
※治療を行う場合、顎の成長が終わっていることが条件になります。


▲ページの先頭へ戻る