虫歯治療 | 仙台市青葉区の歯科 ホワイトブライトデンタルオフィス

仙台駅正面徒歩30秒

虫歯治療

金属を使用しないメタルフリー治療を推奨しています

健康保険の金属は、主成分の卑金属であるパラジウムの他に、インジウム等の重金属が含有されています。これらはアレルギーやアトピーの原因のひとつです。先進国で、歯の修復に金属を使っているのは日本だけです。セラミックは表面活性が高いのでプラークが付着しにくく、虫歯の予防にもなります。

虫歯治療の流れ

神経を残せる歯と残せない歯の治療比較

セラミックで歯を美しく修復する

セラミック治療はセラミック製の人工歯や詰め物を用いた治療で、銀歯や銀の詰め物、小規模の不正咬合や色素沈着など、審美的な問題を解決したい場合に用います。芸能人なども受けている治療で、とても白く美しい歯にすることができます。

セラミックインレー 自然な美しさに仕上がる詰め物

セラミックインレーイメージ
セラミックインレーとは、セラミック(陶材)製の詰め物のことです。虫歯治療後などの金属の詰め物が気になる方や、虫歯治療をした部分を埋める場合に用います。セラミックインレーは、ご自身の歯と同じ色で作製されるため、歯の自然な美しさに仕上がります。治療費は、やや高くなりますが、詰めた部分の仕上がりが美しく、変色がないので、自然な仕上がりを求める方にはお勧めです。

セラミッククラウン 金属アレルギーの方も安心の被せ物

セラミッククラウンイメージ
金属を全く使用せず、陶器のみで作られたクラウンなので、金属アレルギーなどの心配がなく、アレルギーの方も安心です。特に色調や透明感に優れていますので、きわめて自然の歯に近いものを再現することができるため、前歯などきわめて目立つ部分の歯の治療に適しています。虫歯を治療したあと、歯の表面を削り、そこにセラミックのクラウン(冠)をかぶせて、歯の色、形、歯並びなどの美しさをトータルに修復、改善する方法です。

主な素材

ジルコニア

ジルコニアセラミックとは、オールセラミックの審美性と金属の強度を併せもった素材です。金属を一切使用していないので、光の透過性もよく、金属アレルギーや金属が溶け出すことによる歯ぐきの変色の心配もありません。

オールセラミック

オールセラミックは金属を使わずに、特別な人工歯質材料を用いて作り上げます。強度が強く色も自然に美しく作ることが出来ます。金属を一切使用しないことで、天然歯の色調、透明感を再現し、より自然な仕上がりとなります。

ハイブリッドセラミック

オールセラミックの場合、材質が硬すぎるため咬む力がかかる奥歯などの場合、咬み合わせる自分の歯を傷めてしまう場合があります。その欠点を改善したものが、ハイブリッドセラミックです。ハイブリッドセラミックは、硬いセラミックに粘りのあるレジン樹脂を混ぜたもので、咬み合わせる歯に優しく、奥歯に適しています。

セラミックスの欠点

  • 保険のメタルに比べて高額になる場合があります。
  • 金属と比べて割れるリスクがあります。

根管治療

根管治療とは

根管治療イメージ
根管とは、歯の神経が入っている管のことを言います。虫歯になってしまった神経は元の状態に戻ることはなく、取り除く治療が必要です。これを根管治療と言います。治療は神経を取り除いて消毒をし、患部をきれいにしてから被せる治療に入るため、回数がかかってしまうのが現状です。しかし、根管治療をきちんと行わないまま、被せものをしてしまうと、残っていた炎症が再発し、また最初から治療をやり直すことになってしまいます。時間はかかってもきちんと治すことが大切です。

アメリカとの根管治療の成功率比較

アメリカとの根管治療の成功率比較
東京医科歯科大学統計調査より

成功率の差はなぜ?

日本では多くの歯科医院で保険適用による根管治療をおこなうため、使用する材料の規制がかかるだけでなく、治療時間や回数がかかってしまう事で、細菌が根管内に侵入し治療の成功率が下がってしまいます。
一方アメリカでは自費による根管治療となるため、使用する材料や機材なども最適な物を使用する事で治療成功率が高くなります。

日本の根管治療(保険適応)の現状

根管治療費の国際比較

フランス アメリカ日本
根管治療
43,920
108,011
5,839
金属冠
108,011
111,723
9,139
陶材冠
210,600
143,339
79,689
支台構築
24,840
41,138
1,707
レジン充填
11,880
25,724
2,851

厚生労働省「社会医療診療行為別調査」より( 単位;円)

根管治療の日本と世界基準の比較

日本の保険治療世界基準の根管治療
診断ツール
問診・視診・触診・レントゲン
保険治療+CT
視野
肉眼
マイクロスコープ*1
ラバーダム(無菌処置)*2
なし
必須
清掃器具(ファイル)
ステンレス製
超弾性ニッケルチタン
FC (ホルムアルデヒド)
水酸化カルシウム
根充
側方加圧充填
垂直加圧根充
時間
約15分
60~90分
通院回数
5~10回
2~3回
金額
2,000~5,000円
10~15万円程度

*1 肉眼で目視できない細かい部分を、顕微鏡レベルで拡大視野で確認する手術用顕微鏡
*2 口腔内の湿度を半減し歯内への細菌侵入を防ぐゴム状のシート

精密根管治療の基準(保険適用外)

マイクロスコープ

マイクロスコープ
歯科用のマイクロスコープは、患部を肉眼の20倍まで拡大して直接見ることができるため、とても精密な治療を行うことが可能です。 マイクロスコープを使うことで、手探りだった治療から根管の細部を観ながら治療が出来るので、再治療となるリスクを格段に減らすことができ、結果、治療の成功率を高める事ができます。

ラバーダム

ラバーダム
ラバーダムを使用することで、唾液や細菌が根管内に入るのを防ぐので、一度も根の治療をしていない歯に関しては、根管治療の成功率を高めることができます。また口腔内の湿度を半減させることで、治療効率も良くなります。

MTAセメント

MTAセメント
MTAセメントは強い殺菌作用で細菌を殺菌したり、高い封鎖制で穴の空いた歯の部分を埋めたりすることのできる薬です。また、体に優しい生体親和性ですので体の中に入れても悪い影響がありません。

料金(消費税込み価格)

料金