インプラント| 仙台でインプラントならホワイトブライトデンタルオフィス

仙台駅正面徒歩30秒

インプラント治療

インプラントとは

インプラントとは、歯を虫歯や歯周病、外傷などで失った場合に、骨に直接固定した人工の歯(人工歯根)のことを言います。
1本だけ歯を失った場合からすべての歯を失った場合まで、様々な症例に対応することが可能です。
天然の歯と遜色ない使い心地の固定式のものから、入れ歯を安定させるための土台とするものまで、いろいろな方法が選択できます。

歯を失った場合の治療の選択肢

義歯(入れ歯)

取り外し式の部分義歯を歯肉の上に直接置き、周囲の歯にクラスプ(金属のバネ)で固定して噛めるようにします。

メリット
  • 脱着式のため食事の度に外して洗うことが可能。

デメリット
  • 健康な歯に金具で固定するため、支えとなる歯に大きな負担がかかってしまうことがある。
  • 入れ歯を固定する金具が口元から見えてしまう場合もある。

ブリッジ

両隣の歯を削って人工歯とつながったかぶせ物で固定する方法です。

メリット
  • 入れ歯のように取り外しの必要がない。
  • 入れ歯のようなクラスプ(金属のバネ)や床(ピンクのプラスチック部分)が無い為、入れ歯のような違和感がほとんどありません。

デメリット
  • 両隣が健康な歯であっても削る必要がある。
  • 支える歯に大きな負担がかかる場合がある。

インプラント

顎の骨にインプラントを埋入し、人工歯を骨に直接固定する方法です。

メリット
  • 顎に直接固定されているのでしっかりと噛むことができ、入れ歯のような違和感はほとんどない。
  • 独立した人工の歯根を埋入するので、隣の健康な歯に負担がかからず、隣の歯を削ることもない。

デメリット
  • 手術が必要になる。
  • 入れ歯やブリッジと比較して治療期間が長くなる場合がある。

インプラントの構造

サンプル画像
① 上部構造(人工の歯)
おもに白いセラミック素材のものを使用し、できるだけ自然に仕上げることができます。

② アバットメント
インプラントと上部構造を接続するパーツです。噛み合わせの状態によって、角度を微調整する役割もあります。

③ インプラント(人工歯根)
顎の骨に埋め込みます。術後はインプラントと骨が結合し、上部構造を固定します。

多くの歯を失った方のためのインプラント

オールオン4

  • 虫歯や歯周病で歯がボロボロになってしまい困っている。
  • 思うように噛めず、限られたものしか食べられない。
  • 義歯が合わない。

上記のような症状でお困りの方に適しております。

ホワイトブライトの強み

  1. インプラント、補綴、歯周、審美、外科、麻酔等の各分野の指導医、専門医、認定医やスペシャリストの集団
  2. 直営歯科技工所(有限会社トラストメディカル)の経営により、複雑な技工物や、難症例、希望通りの技工制作が可能
  3. 国内外のあらゆるプロダクトのインプラント、矯正、セラミック等の取扱い
  4. 高度な治療と経験によって培った実績とデータの蓄積
  5. 内外の大学病院やスペシャリストとの卓越したネットワーク
  6. 歯科医師だけでなくDH(歯科衛生士)、DA(歯科助手)、DT(歯科技工士)も常に進化のための努力を惜しまない

「木を見て森を見ず」な治療はその時だけで、長期的な問題が解決されていないケースがほとんどです。私たちが提案するグローバルトリートメントは決して安価ではありません。しかし、長い目で見たら、享受する利益は大きい筈です。

困った際にはすぐにご相談ください。あなたの「困った!」を早期解決いたします。

安全な治療のための設備

生体情報モニタ

血圧などの生体情報を表示する機器です。治療の際に、必要に応じて使用することで、安全な治療を心がけています。

歯科用CT

より安全に手術を行うために神経・血管の位置関係や骨の厚みなどを確認します。

画像診断ソフト

神経や血管との距離が近い場合や、骨の幅や厚みが少ない場合など、特に注意が必要な症例では、CTで撮影した画像を基に、画像診断ソフトを用いてインプラントの埋入位置のシミュレーションを行います。また、そのデータを利用して、適切な位置、方向にインプラントを埋入するためのサージカルガイドプレートを製作する場合もあります。

全身麻酔や静脈内鎮静法

治療時間が長く必要な場合、また外科処置によって患者様への負担が大きいと予想される場合のほか、嘔吐反射や歯科治療への恐怖心が強い方など、事情をお持ちの方に用いる麻酔法です。

インプラント治療のメンテナンス

インプラントは埋入後徐々に周囲の骨と結合していきます。しかし、その過程で硬い食べ物を噛んだり、無意識に食いしばったりして無理な力をかけてしまうと、グラつきや脱落につながる可能性があります。また、インプラントと歯の結合を妨げるインプラント周囲炎は、初期の段階では自覚症状がないため、歯科医院でしっかりとチェックする必要があります。
メンテナンスでは、インプラントを長持ちさせるために口の中の環境を良い状態に保たれているか、主に次のようなポイントについてチェックします。
  1. インプラント周囲炎の症状の有無
  2. 人工歯、インプラント、アバットメントの状態
  3. 噛み合わせ
  4. インプラントを埋め込んだ歯茎と骨の健康状態
  5. 口腔内の清掃状態
これらを確認後、異常がある場合は処置を行います。特に異常がない場合でも、日々のセルフケアでは取りきれていない汚れの除去を行います。

メンテナンスをするのとしないのでは、インプラントの寿命が格段に違ってくるため、メンテナンスは長くインプラントを使うために欠かせない術後のケアだといえます。インプラントのメンテナンスは、状態によって3ヶ月から半年に一度を目安におすすめしております。

インプラント治療の流れ

step1 診察と治療計画

インプラント治療に必要なCT撮影などの検査を行い、インプラント治療が可能かどうかを診断した上で治療計画を立てます。

step2 術前治療

術前検査に基づき、必要な場合は手術前に歯周治療などを行います。

step3 インプラント埋入の手術

インプラントを顎の骨に埋入する手術を行います。局所麻酔を用いて行いますので、日帰りで手術を受けることができます。インプラント手術には、1回法と2回法とがあり、必要に応じて最適な方法を選択します。

step4 治癒期間

その後、骨とインプラントがしっかり結合するまでの治癒期間を設けます(2ヶ月~6ヶ月程度)。治癒期間は骨の質などにより個人差があります。この間、必要に応じて仮の歯を入れる場合もあります。

step5 人工歯の装着

インプラントを含めたお口の中全体の印象採得(型をとること)を行い、人工の歯を製作します。インプラントに人工歯を装着して完成です。
※治療開始から人工歯の装着まで状態にもよりますが3~8ヶ月程度かかります。

step6 定期メンテナンス

インプラントのメンテナンスは、3ヶ月から半年に一度程度を目安にして行います。インプラントの寿命を延ばすために人工歯とインプラントの隙間に溜まった汚れをしっかりと取り除きます。
メンテナンスの有無でインプラントの寿命が格段に変わります。
長くインプラントをお使い頂くために欠かさず受けて頂きたいケアです。

インプラントの料金

インプラント+人工歯
1本 385,000円~(税込)

インプラント治療は、口腔内の状況や、骨の薄さが異なる為、料金が患者様によって異なります。
※料金や治療の内容については、料金表をご確認下さい。

料金の分割払いについて

当院ではインプラント治療の分割払いも行っております。詳しくは担当医、スタッフまでご相談ください。